読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマあれこれ le quatre-vignt

アロマの勉強中。使ってみたアロマオイルやアロマ関連書籍の紹介も

ブレンド(1)

検定キットの強みはたくさんの精油が少しずつ楽しめること

そして

ブレンドの楽しみ

コーヒーもウィスキーもお茶も…香りも

シングルもいいけどブレンドもね

組み合わせることで香りに深みが出たり
思いもかけない表情に出会ったりします。

標準的なテキストでは


        柑橘系 
  フローラル系    ハーブ系
エキゾチック       ウッディ系 
  樹脂系         
       スパイス系     
        

の7系統(ファミリー)

(一応隣同士はよく合うとされています。
  柑橘系とフローラル系、柑橘系とハーブ系という具合)

さらに早めに香りが立つかどうかで分けられた

トップノート
ミドルノー
ベースノート

だいたいこの2つを覚えておくと

香りのブレンドはOK

ただ、どちらも人間の感覚に基づいているので、
二つ以上にまたがる精油もありますし、
ウッディかフローラルかハーバルか、人によって異なると思います。

そこは「感覚」優先でどうぞ。

検定キットでいうと
(といっても柑橘系はわかりやすいので省きますがー笑)

フローラル系 カモミール(両方?)ジャスミン・ゼラニウムネロリ・ラベンダー・ローズ
エキゾチック系 イランイラン・サンダルウッド・パチュリ・ベチバー
樹脂系 フランキンセンス・ベンゾイン・ミルラ
スパイス系 ブラックペッパー
ウッディ系 サイプレス・ジュニパーベリー・ティーツリー・ユーカリ
ハーブ系 クラリセージ・マージョラム・ペパーミント・ローズマリー

となるのですが…
正直「?」のつくものもあります。
(個人的にラベンダーはハーブ系だと思うし、ペパーミントはスパイスに入れたい)。

まぁその辺りは好みで。

トップ・ミドル・ベースの区別については

ベースが肝心

なので、ベースのもの、それから1滴でブレンドを左右するものをあげておきます。

ローズ(いうまでもなく)
ミルラ・ベンゾイン・ベチバー・パチュリ(この辺りは比重も重いですー色も濃い)
ジャスミン・イランイラン・サンダルウッド(香りが高く個性が際立ちます)

お気に入りの香りを見つけたら、それを中心に2〜3種類組み合わせるのがオススメ