読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマあれこれ le quatre-vignt

アロマの勉強中。使ってみたアロマオイルやアロマ関連書籍の紹介も

倫敦(ドリトル先生と漱石と)ー先週のお題

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))
倫敦塔・幻影(まぼろし)の盾 他5篇 (岩波文庫)

ドリトル先生はロンドン在住ではないのですが、ロンドン下町雀も登場しますので。
そして漱石には『倫敦塔」という小品があります。

この二つの作品で印象的なのが、靄や霧。
そして21世紀に入っても、倫敦は霧の街。

最初に出かけた30余年前
サッチャー政権の真っ只中
大英博物館の前には大きな預金箱

「政権の方針でこのままでは入館料を取らなくてはいけなくなります。
我々は公共のために、無料でサービスを続けられるよう頑張っています。
趣旨に賛同いただける方は寄付をお願いします。」

publicのためにという言葉が新鮮でした。

新装開店した大英博物館には
その面影もなく
British Museum - Visiting

観光客で賑わっています

倫敦というよりブリテンに興味を持っているのですが
ブリテンブリテンらしいのが、やはり倫敦かな?と

大好きな推理小説の中で
ピーター卿が
「なんだって!純血(ブルーブラッド=貴族)だって!このブリテンで!
ありえない。ありえないよ。僕だって母方はフランス人の血を引いている
父親の方だって怪しいものだ。混血こそがブリテンなのさ」
というようなセリフを喋るところがあります
学寮祭の夜 (創元推理文庫)


混血・混沌・曖昧・融通無碍

そんなブリテンを切り取ったような
倫敦

大好きな街です