読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマあれこれ le quatre-vignt

アロマの勉強中。使ってみたアロマオイルやアロマ関連書籍の紹介も

そろりそろりと参ろう(1)躰のセルフケアのために:重心

人間は二本足歩行
そのため頸から腰にかけて
常に「無理な」(対他の動物比)加重が
そして中年にもなると
頸の痛み
肩こり
腰痛
が持病のようにつきまとう…

だから
重心を意識して
正しい姿勢をとりましょう

といわれています

さて次の坐像で
赤線?青線?どちらが実際の重心でしょう
f:id:natsukifune:20160125202032j:plain

答えは

最も重たい臓器である頭
これをまっすぐ立てると
重心は後ろにずれます

正座をし、膝を肩の広さに広げ
て頭をまっすぐ立てて
脚に体重をかけます
他の人に膝頭を持ち上げてもらいます

次に同じ姿勢で
今度は広げた膝の真ん中
拳一つ分自分の躰の前に
重心を置いて体重をかけます
同じように膝頭を持ち上げてもらいます

2回目の方が後ろに転ばないはず
合気道で最初に習うんです)

重心を意識して正しい姿勢をとる
頭が少し前にある(=やや前傾姿勢)になるんです

野村萬斎さんの格好ですね
(あそこまでカクカクしなくてもいいですがー笑)

頭を後ろに持ってくると
顎が前にで、お腹が凹み、お尻が出る
これが続くと頸・背中・腰に負担がかかることになります

少し前傾姿勢
脚の裏全体を感じる
のがコツだそうです

=この記述は私が私の躰を相手に試したことや
本で得た情報をもとにいろいろやってみた結果を書いています
診断や治療の方法ではありませんので、注意してください=