読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマあれこれ le quatre-vignt

アロマの勉強中。使ってみたアロマオイルやアロマ関連書籍の紹介も

人生に影響を与えた1冊<今週のお題>

人生に…と言われましても
50数余年、生きてきますと
一色で染めきれず、職やら立場やら
それぞれの分野でいろんな本に出会って
生きてきております。

とはいえ1冊となりますと
思春期の1冊となりますでしょうか

夢十夜 他二篇 (岩波文庫)

倫敦塔が一緒に入っていたかどうかは?ですが
文鳥や永日小品が入っていたのは確か。

百年待っていてくださいの女性
この辺りだったね、お前が私を殺したのは

この作品を読んでから
中原中也とか谷崎潤一郎
江戸川乱歩
耽美主義やデカダンスに惹かれて行ったような
「こころ」とは違う
美意識で成り立つ文章

その一方で
「硝子戸の内から」だったと思いますが
痛切な恋の思い出を保つために死ぬか
恋の思い出が薄れるのに耐えて生きるか
という女性の相談に
「生きていた方が、よいでしょう」と答える漱石
「死」がわからぬから、勧められない
「生」が辛いものと知っているから、勧められない
でも、わからぬものより、少しはわかっているもの
悩みながらそちらを勧める漱石
ありがちの道徳を更地にしたところで
答えを出すこと

思春期の小娘にとっては心のヒーローでありました。