読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマあれこれ le quatre-vignt

アロマの勉強中。使ってみたアロマオイルやアロマ関連書籍の紹介も

ショートとシングル

盆休み(怠け者の節季働きというやつ)を終えまして
行きつけのBARへ

運よく、同業者の若者が来店
「マスター、美味しいマティーニ飲ませてください」
「美味しいって、どういうことよ。
ま、一遍比べて飲んでみ。」

横から老猫、体を乗り出す
「心配せんでも、分けたげるけん。お待ち」

並べられたのは
チンザノ(白)・ノイリープラット ←ベルモット
ゴードン・タンカレー ←ジン
ビタース

最初の一杯
タンカレーとノイリープラットのドライマティーニ
次の一杯
ビタースを2滴たらして、ゴードンとチンザノのスイートマティーニ

味が違うのはもちろんですが、香り立ちがまったく違う
前者はすっと上に「香りが立つ」
後者はゆっくりと「匂いがふわりと漂う」

さて、これからが本題
マスター曰く
ショートっていうのは、脳をグラグラって酔わせて
休ませるため
にあるんやないかと思う。
エキス珈琲ってものすっごい濃いコーヒ、飲んだ時
脳がグラグラってきて…そんな感じかなぁ…」

精油のシングル使いもこれではないかと。
ブレンドして鎮痛や鎮静効果を高めるのは
体を休ませるため

1滴でも濃厚に香る精油をシングルで使うのは
脳を休ませるため

なんとなく納得している老猫です。

注)老猫は酒が飲めない体質です。いつもひと舐め分けてもらっております。