読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマあれこれ le quatre-vignt

アロマの勉強中。使ってみたアロマオイルやアロマ関連書籍の紹介も

はるか昔の…?

f:id:natsukifune:20150614203326j:plain

怪しげなお薬

ではありませぬ

阿片ハーブチンキ

作り方
ドライハーブ(農薬等を気にされる方はオーガニック等で)
25~30g
ウォッカ(必ず40度以上のもの)400ml程度
(もしくは無水エタノールを精製水で40%にー160mlに精製水240ml)

ドライハーブをコーヒーミルで細かくする
消毒した瓶等にハーブを入れ
ウォッカをハーブが浸るまで入れる

1〜2ヶ月待つ

で、待った状態が写真です。

当初全体的に浮かんでいたハーブが見事に下に沈みます。

これをどうするか…

*ローションとして
  ティンクチュアー15mlに精製水45ml(4倍希釈)
  アルコールが苦手な方、敏感肌の方などの場合は
  より薄くするか、芳香蒸留水*1を使ってください。

*スプレーとして
  ティンクチュアー20mlに精製水40ml+お好みの精油3滴程度

*簡単ハーブクリーム
  市販の無香料クリームにティンクチュアーを適宜混ぜるだけ


いろんなアロマクラフトのレシピがあります
(ネットでも、本でも)
そこで精製水代わりに使えます
(アルコールが入っていますから、過敏な方は注意してください。
あくまでも自己責任でお願いします)。

1種類のハーブを使うよりも、2〜3種類をブレンドするのがオススメ。
なので…
ハーブブレンドティーを買ってくるのもアリ…の行列

手軽に使えて応用範囲が広いでのオススメです。

以上
和田文緖『アロマテレピーの教科書』から

この本、精油やハーブを使ったクラフトだけでなく、精油の使い方、セルフケアのやり方など
非常に幅広く紹介してくれて一押しの本です。
ただ、一つのクラフトを作るのに何種類もの精油がいるのが難点。
それと、滅多に使わないような精油も出てくるので…。

*1:オレンジウォーター、ラベンダー水等という名前で売っています。水蒸気蒸留法で植物から芳香成分をとって時に同時に採取できるもの。鶏ハムid:Kutumiyaさん製作でいうと、出来た鶏ハムが精油、残ったスープが芳香蒸留水です