読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマあれこれ le quatre-vignt

アロマの勉強中。使ってみたアロマオイルやアロマ関連書籍の紹介も

柑橘兄弟と食欲の不思議な関係(検定キット)

柑橘系の香り、好きな方が多いのでは?
検定キットの中にも
すでにご紹介したレモン・スイートオレンジの他に
グレープフルーツ・ベルガモットと4兄弟*1

オレンジを除くとみな光毒性があるので
気軽な利用法としては入浴剤やルームリフレッシュナーなど

「使った後で太陽光を浴びない」
「肌に直接つけない」

と使用方法が限定されがち。

でも一時期グレープフルーツダイエットが流行ったように
柑橘系の香りは食欲ととっても関係するので
食前には是非使って欲しい精油でもあります。

精油入りオシボリの作り方

お湯に精油を1滴入れてよくかき混ぜる
オシボリタオルを入れ、ギュッと絞る
ジプロック等に入れる
冬:出す前に電子レンジで温める
夏:そのまま冷凍庫へ(出す前には冷蔵庫に移しましょう)

さてなぜ柑橘系が食欲と関係するのか

実は柑橘系の香りは精油の中でも「幸福グループ」


人間という動物にとって一番幸福につながりやすい状態
=満腹状態
なので、過剰なストレスがかかると食欲の調整ができなくなりがち。

柑橘系の香りは、崩れた食欲バランスを調整してくれるのです。

ちなみに

スイート・オレンジ:こたつに蜜柑=ほっこり癒し系
レモン:背中をどんと一押し=意欲アップ
ベルガモット:ヤジロベエ=偏ったバランスを戻してくれる
そして
グレープフルーツ:私を月に連れて行って!=下から上に引き上げる

食事の前の柑橘系のオシボリ
お客様をほっこりさせるだけでなく
あなたが作った料理が一段と美味しくなります。



精油は柑橘の皮(の裏)にある油包から採取されます
殺菌作用のある成分が含まれていますので、梅雨の時期には
柑橘を使った酢の物や南蛮漬けなどはオススメです。
日頃飲む水にレモンやレモン水を足すのもいいですね。
(ミントも加えるとすっきり爽やか)

ただし

コーヒーの前のレモン水はご注意!!

コーヒーの味が変わります。
(というか個人的には不味くなると思います)

レモンとオレンジについては
natsukifune2.hatenadiary.jp
natsukifune2.hatenadiary.jp

*1:ネロリも柑橘系=ビターオレンジの花ですが、ちょっと特別な精油なので別記事に