読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマあれこれ le quatre-vignt

アロマの勉強中。使ってみたアロマオイルやアロマ関連書籍の紹介も

レモン (検定キット)

画像をクリックしてもらって、ずっと下の方の説明書きに行くと「皮膚刺激に注意」と出てきます。

レモン。
スキッと爽やかキリ○レモン…というCM(ふるっ)通り、
そして認知症や物忘れ予防に…とブームになったレモン。

梶井基次郎の「檸檬」。

気軽に使いたい精油なのですが、残念なことがあります。
レモンに限らず大方の柑橘系の精油は「光毒性」があります。
皮膚につけた場合、8〜12時間は紫外線に当たらないように。

(紫外線と反応して皮膚に赤斑を生じさせます)。

なのでお勧めの使い方は

ハンカチ(等)に1滴

抗菌作用も有名ですが、偏頭痛にも効果があるとか。
もちろん集中力をアップする効果もあります。
あとは…
そう、試験前のドキドキ・不安に。

ポジティブなエネルギーがギュッと詰め込まれた精油です。



レモンの香りを昼間肌に使いたい場合。

お勧めの精油レモングラス
とくに cymbopogom citratus と表記されている東インド型は
シトラールという成分が多く、レモンと非常に良く似ています。
(ただちょっと草っぽいかも)。

ただし、香りは似ていても細かな成分は違いますので、
メディカルアロマとしては代用にはなりません。

あくまでも「香り」。

ですからレモンを無理に昼間に使うよりは、
夜寝る前など紫外線に当たらない時に使うのがお勧め。

ルームリフレッシュナーとしては
レモンにサイプレスを組み合わせてみてください。
ダニが嫌うにおいだとか。