読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマあれこれ le quatre-vignt

アロマの勉強中。使ってみたアロマオイルやアロマ関連書籍の紹介も

クラリセージ 渋み

クラリセージ

花はピンクから薄い紫

女性ホルモンに近い構造を持つ成分を有する精油

なのだが…

この精油の香りから感じるのは蓬と濃茶の苦味や渋さなのだ。草の瑞々しさよりも草いきれ。優しさより厳しさ…ではないけれど、ちょっとうかつには近寄れない雰囲気。

危険を感じるほど…のにがさではないけれど、ちょっと苦手と思えるような苦さ。

そう苦みばしったという言葉がぴったりくる。

俳優の三船敏郎さん(特に若い頃の)を思わせるところもある。

ぶっきら棒で、無愛想で、口が悪くて…

 

でもずぶ濡れの子猫をほっておけないような

 

クラリセージの女性性は男性の中の女性性のような気がしてしまう。