読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマあれこれ le quatre-vignt

アロマの勉強中。使ってみたアロマオイルやアロマ関連書籍の紹介も

アロマテラピーのための84の精油

タイトルだけだとケモタイプを重視するアロマテラピーの本と勘違いされるかもしれない。
化学組成はのっているが比率はのっていないので注意が必要。
初版当時は画期的な本だったと思うが、現在ではより安価でカラー分析の本もあるから、本格的な化学組成等はそちらを買われた方がいいと思う。

精油によって記述の濃淡はあるが、香りの特徴や歴史・神話からブレンドしてよく合う精油までが見開き1ページになっていて、参照して使うのに便利。

日本語訳は時々日本語として不自然なところがあるが、事典として使う分には不足がない。
値段が高いのと、馴染みのない精油もあるので、最初に購入する本としてはあまりオススメしない。
ケモタイプ重視のスクールで習ってきた人が支配星とか神話を知りたいとき、逆にAEAJ系の人がスクールで習わない精油の特性について知りたいときに、それぞれ事典として使える本。

 

<iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=natsukifune2-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4938344327&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>